MENU

一緒にくらしてみたい犬。トイプードルやチワワなどが根強い人気

いぬ

昨今のペットブームで犬を家族に迎い入れて、一緒に暮らしている人も多いと思います。そして街を歩いていると様々なペットと飼い主さんに出くわすことがあります。私が個人的によくみかけるのは、トイプードル、チワワ、ボストンテリア、ヨーキー、シーズーなどの室内犬などです。試しにネットで検索してみたところ、トイプードルやチワワなどが人気の上位を占めています。

 

日本犬もブームなようで柴犬なども人気があるようです。我が家ではミニチュアシュナウザーと暮らしています。トイプードル同様に毛が抜けにくい犬種といわれていますが、一ヶ月一度のトリミングが必要です。ミニチュアシュナウザーはもともとドイツ原産の犬で牧羊犬だったそうです。シュナウザーとはドイツ語で「髭」の事を意味を持っています。

 

そして様々なトリミングスタイルの方法があって飼い主を楽しませてくれますが、私はいつも衛生面や散歩後の手入れを考え、短めなカットにお願いしています。今はスヌードや靴下、たくさんの洋服もありますのでそういったペットグッズの愛用すれば、お手入れも楽になるかもしれません。運動量は普通の小型犬よりも多い方がいいと言われています。

 

しかし牧羊犬だったからか、私のトレーニング方法がいい加減だったからか、来客のときはめちゃくちゃ吠えます。そんな中今はペットショップなどから購入するだけでなく保護犬なども話題になっています。保健所に保護され収容される犬や猫の話題もよく聴きます。そういったところから譲り受けてボランティアをすると言う様なことも広まっていると思います。

 

もしかしたら近い将来、ペットショップの在り方や犬や猫に限らず一緒に暮らすペットについての考え方も新しく変わっていくようになるかもしれません。勿論、人間もペット双方とも暮らしやすさという事が条件だと思いますが。