MENU

個人事業主として働くことについて

計算

今日は、個人事業主として働くことについて、考えてみました。普段から個人事業主として、自分で仕事をどれだけこなすか、考えて働いています。自宅で働く個人事業主(自宅兼オフィス)の最大のメリットは、通勤しなくても良いことです。通勤しなくても良いことが助かると、言い切ってしまうことができるほど、このメリットは大きいです。

 

夏の日の通勤を思えば、今家で多少無理ができそうな気がします。経費についてのメリット等もあるようですが、個人事業主として日が浅い私は、まだそこまで恩恵を感じていません。反対に、個人事業主として働くデメリットは、確定申告をする必要があることと、失業保険が出ないことです。

 

この2点はデメリットでもありますが、このために、頑張って働こうという気が出てくることも事実です。断っておきますが、以前も働く気がありましたが、前より頑張って働く気が増したということです。確定申告については、ネットで行なって郵送しましたが、ちょっと煩わしいなぁというのが正直な感想です。ただ、確定申告は税金にかかわることですので、逃げられないものだし、仕方がないところもあります。

 

ただ確定申告を通して、収入の目標もたてられたり、青色申告を申請することで、さらに本格的に業務に取り組む気になれたことは、働くうえで良かったことだと思います。失業保険についても、将来のアクシデントについては自分で何とかしようという気持ちが出てきたので、それはそれでよかったと思います。

 

この2点については、働く時間を増やしたり、副業したりして、問題をカバーしていけばいいと思うようになりました。本業とは違う、ほかの仕事をしても誰にもとがめられることはありません。

 

クレジットカードを利用して税金を払う

最近ついにクレジットカードで税金納付ができるようになりました。国税クレジットとして公式サイトもできたので今後本格化していくと思います。

 

クレジットカードで納付するには当然クレジットカードが必要ですが、今持っているクレジットカードをそのまま使ってもOKのですが、ポイント還元率が高いクレカにするとお得になります。車に乗る人で高速道路利用される方は、ETCカードが年会費無料作れるクレジットカードがおすすめです。そうすればETCカードが欲しいなと思たときにクレジットカードを作り直す手間がありませんからね。

 

 

ちなみにデビットカードもクレジットカードと同じようにVISAですので、デビットカードで支払うこともできます。デビットカードは即口座から引き落とされるのがいいですよね。

 

ゴールドカードやプラチナカードを作る必要はないですが、高還元率のクレジットカードを一枚は持っておきたいところですね。今は楽天カードとセゾンカードどちらにするかで悩んでいます。